2017年3月6日月曜日

쌀밥(白飯)

멸치볶음 간고등어조림
じゃこ炒め 塩サバの煮付け

참기름을 바른 김구이
ごま油を塗った 焼き海苔

명란젓 창란젓 오징어젓갈에다
明太子 チャンジャ イカの塩辛 さらに

살이 꽉 찬 간장게장
身がぎゅっと詰まった カンジャンケジャン

너무 짜 짭짭짜잡짭짭짜잡
すごくしょっぱい…

너무 짜 짭짭짜잡짭짭짜잡
すごくしょっぱい…


뽀얀 김이 모락모락
白い湯気が ゆらゆら

무쇠솥뚜껑은 들썩들썩
鉄釜のフタも カタカタ

뜸까지 잘 들고 나면
しっかり蒸らしたなら

(다 됐다!) 
出来上がり!

뒤적뒤적
さくさく…(かき混ぜる)

쌀밥 밥밥바밥밥밥바밥
白飯 飯 飯 飯 飯…

쌀밥 밥밥바밥밥밥바밥
白飯 飯 飯 飯 飯…

※繰り返し


된장찌개 싹싹 비벼서
テンジャンチゲ くるくるかき混ぜて

김치를 쭉 찢어 살짝 얹어서
キムチをばりっと裂いて そっとのせて

메추리알 장조림
うずらの卵 肉の煮付け

한 알씩 물고서
いっこずつ 噛んで

굴비를 잘 발라 조금씩 곁들여
イシモチの日干しを うまくほぐして
ちょっとずつ添えて


식어버린 다음엔
冷めてしまった後は

찬물에 말아서
水をかけて(かきまぜて)

식어버린 다음엔
冷めてしまった後は

찬물에 말아서
水をかけて

식어버린 다음엔
冷めてしまった後は

찬물에 말아서
水をかけて

너랑 둘이 나누어 먹던
君と二人 分けて食べてた

쌀밥 밥밥바밥밥밥바밥
白飯 飯 飯 飯 飯…

※繰り返し




★名詞+~에다 (元は~에다가) ~に

 他動詞文で使われることの多い
 この文法ですが…
 例 벽에/에다가/에다 그림을 걸었다
    壁に絵を掛けた。

 歌詞のように列挙する時にも使えます!
 その際には「~にさらに」「~にその上」
 と言うニュアンスが加わります!

 歌詞の中でこの~에다の前は
 いわゆるいつもの普通のおかず…
 そこへさらにカンジャンケジャン!
 (特別なおかず!)と言う
 ニュアンスになっています。
 ただの列挙よりも後に来たものに
 さらに!と言う追加感が出ます。

 
뒤적뒤적뒤집다からくる擬音語で、
 뒤집다(ひっくり返す)様子であったり
 かきまぜている感じを表しています。
 引き出しの中をがさがさあさっている
 時にも使えます。
 歌詞の中ではご飯をかき混ぜて
 いるんですが日本語にぴったりくる
 擬音語が思いつかず…さくさくに(汗)

 
★この曲はかなりノリのいい曲ですが
 せっかくの秀逸な歌詞、
 너무 짜~ 짭짭짜잡짭짭짜잡♪や、
 쌀밥~ 밥밥바밥밥밥바밥
 の部分は訳が悲惨なことに…。
 すみません。。。
  



장기하와 얼굴들,가사,일본어 ,和訳,歌詞,日本語訳


Special thanks K-ROOM (和訳チェック)

0 件のコメント:

コメントを投稿